学校給食の米飯化を目標とするボランティア団体


by kyusyoku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2010年5月30日 宝塚市講演会 アンケート結果より

参加者 (192)
アンケート回収 (84)

講演会をどこで知ったか
知人の紹介(45・奥様から2)・お店(ホメオパシー1・きっちんすまいる1)・公共施設(川西市図書館1・むっくむっくルーム1・保育所1・その他2)・新聞等(市報3)・その他(四葉2・オルター1・ネット『mixi』『幕内秀夫の食生活日記』『ウィメンズパーク』12・幼稚園、保育園5・おむすび通信1・イベント『未来の食卓』1・桶谷母乳育児相談室2・その他4)

参加した感想は?
大変良かった(71)・良かった(13)・普通(0)・あまり良くなかった(0)
●今まで、私が小学生だった頃食べていた給食を変だとは思わなかったことに驚いた。(20代OL)
●家族を連れてきました。私が家族に説明してごはんの大切さを分かってもらうより、よく分かってもらえたと思います。(40代)
●本を何冊か読んで、とてもお会いしたかったので嬉しかったです。辛口トーク、とても面白くためになりました。(30代主婦)
●本は読んでいましたが、実際にお話が聞けて理解が深まった。(30代主婦他多数)
●幕内さんの直の言葉はとても心に響きました。聴いた方はきっと変わるはず!(30代女性)
●今日からすぐに出来そうです。(30代女性他)
●わかりやすく、とても楽しくて、時間があっという間でした。(40代女性他)
●完全に米飯にしていなかったので、今日から移行したいと思います。(30代主婦)
●大人は毎日は難しくても、たまにはパンやパスタもOKという事で心が軽くなりました。(30代女性)
●体に悪いとはわかっていてもスナック菓子を与えていたことを考え直すきっかけになりました。(30代主婦他)
●朝は米飯よりもパンが手軽だと考えていたが怖くなってしまいました。朝食から見直しが必要だと感じました。(30代女性)
●子どもの食事の事で心底悩んでいました。先生のおかげで気持ちが軽くなって、がんばろうと思えるようになった。(40代主婦他
●大切なことの根本が理解できた。(30代女性)
●食事のとき子どもがすぐ残すので、満足したんだと思うことにします。(30代女性)
●伊丹市の栄養士の先生に「おやつはおにぎりよりおかずを食べさせて」と言われましたが、明日からおにぎりにします。(30代主婦)
●2回目でしたが、1回目聞いて少し変わった自分が、今回また変われそう!(30代女性美容師)
●理にかなっていて、自然な食事だと思います。(40代女性)
●ピーマンの話はタイムリーでよかったです。おどしてまで食べさせようとしていたので。(30代主婦)
●米のよさ、宝塚市の小中学校の給食の実際の状況を知ることが出来、とても参考になりました。(20代女性栄養士)
●毎日給食のある幼稚園に入れようと思っていたけど、献立が心配なのと、お弁当に手間(見た目だけにこだわる)をかけなくて良いことがわかったので、幼稚園選びの基準を変えようと思う。(30代主婦)
●尼崎で育ちました。今の市長はいいと有名ですが、給食を見て考えが変わりました。私は遠くの事を見すぎて身近なところをちゃんと見られていませんでした。(20代女性学生)
●自分が将来子どもを持ったときに是非参考にしたい考え方でした。ノイローゼにならない程度に取り組みます。(20代女性栄養士)
●子どもってすごいです。子どもを持つ前にお話しを聞けて良かったです。間違った情報をどう排除していくか自分がしっかりしないといけませんね。(30代女性)
●次回は是非知人を連れてきたい。

講演会参加前後でご飯に対する評価は?
上がった(58)・変わらず、以前から高い(26)・変わらず、以前から低い(0)・下がった(0)
上がった
●なぜ米飯がいいのか分かったつもりでいましたが、パンが好きでなかなか変えられなかった。方の力を抜いて米飯中心の食事に変えられそうな気がします。(30代主婦)
●子どもが去年からアトピーになりました。体質の問題かと思いましたが、結局は食生活でした。小食=個性ですね。子ども主体の食生活。食べて欲しいから好きなものを食べさせる。は、やめることだと痛感しました。(30代女性)
●知っていても出来ないことが多かったけれど、今回は出来そう。(30代女性)
●小麦粉に農薬がたくさん入っていることに衝撃を受けました。(20代女性学生)
●朝食をごはんに変えます。楽だからパンにしていました。(30代女性会社員)
変わらず、以前から高い
●幕内さんの著書を読んでいたので。子どもが小麦アレルギーのため。(30代男性新聞記者)
●幕内先生の著書を読んでから、ごはん食を増やしました!体調が非常に良くなり、ごはんの力を感じています。(20代女性栄養士)

子どもの健康について
●このままでは日本は崩壊すると思いました。子ども=日本の未来ですから。(30代男性サラリーマン)
●子どもも大人もご飯を食べて日本も元気にできればいいなと思います。(20代女性OL)
●脂があるとつい食べ過ぎてしまうのは、子どもにとって大変危険と思います。(30代男性会社員)
●今までは「栄養のバランス」を考えながら食事を作っていましたが、粗食が一番いいというのが驚きました。今日からでも食事の見直しをしたいです。(30代主婦)
●栄養素をあれこれ気にするより、まずご飯ということをお聞きして気が軽くなりました。(30代女性)
●子どもがピーマンを好きなのですが、味覚がおかしいのか気になりました。(30代主婦)
●未婚ですが、結婚、子育てに対して道筋がちょっと見えたようで嬉しい。(30代女性)
●昔に戻るだけなのに難しい。家ではできても祖父母宅など・・・(30代)
●一度知ってしまった甘いものをどうやめていくか。(30代主婦)
●孫の甘いもの好きを何とかしたい。(50代女性)
●朝ごはん抜き、朝食欲無しの子ども達にも、何か一緒に考えてみようと思いました。(50代女性養護教員)
●食は10年後20年後の身体をつくる→食育大切。(50代女性)
●意識が高い方はたくさんいるが、知らない方が多いのではないか。(30代女性)
●学校給食だけでなく、保育園幼稚園の給食も見直してほしい。(30代主婦)
●スナック菓子を持参して遊びに来る子どもがほとんどなので、そういう時は妥協すべきと思っているが、本当は食べてほしくない。(30代主婦他)
●姪がマクドナルド、ポテトチップスが好きで、毎日ではないにしろ、しばしば食べさせているのが心配です。(旦那さんが昔から好きで、その影響のようです)(20代女性栄養士)
●子どもに変色はないと聞き、野菜を食べなさいと毎食言っている私として反省しました。しかし、ウインナーなどが好きで毎食味噌汁を出してもいやといって飲みません。待つしかないのでしょうか?(30代女性)
●基本は和食で、アレルギー、アトピーが良くなるか、頑張ってみます。(30代女性)
●情報過多になっている。農薬や添加物のリスクばかりを気にしすぎている。(30代男性新聞記者)

学校給食の米飯回数について
今のままでいい(5回川西市4・5回京都府京田辺市1)
●週3回米飯だったのが、今年の4月から月2回のパン以外は米飯になりました。(京田辺市30代主婦)
●完全米飯給食になる様なので、嬉しいことです。(川西市50代主婦他)
●川西市は5回米飯になってホッとしている。徳永先生にも感謝しています(歯でも生活でもお世話になっている)(川西市40代主婦)

給食費を値上げしても良いので米飯回数を増やしてほしい(5回/週26・?32)
●ご飯の大切さが分かったので。(40代女性他)
●パンはポストハーベストが気になる。脂肪、糖分の採りすぎになるのが気になる。かまなくなる。(30代主婦)
●パン食の問題点を感じるため。家でパン食の人が多い。(30代女性会社員他)
●子どもの健康のため。(20代主婦他)
●パン給食の日はおやつを食べたいという。おやつを食べさせると夕飯を食べないので、やはり米飯で!(30代主婦)
●こどもにごはんのすばらしさを知ってもらいたい。(30代女性他)
●学校給食はやはり教育なので、日本の伝統食を教えてほしい。(30代主婦)
●子どもは米が大好きです。学校でもそれを望んでいます。(40代女性)
●家で自分の子どもにだけごはんを食べさせても・・・学校で全員に一日一食でもごはんを食べてほしい。(30代女性)
●子どもにしっかりと当たり前の食事をしてもらいたい。(30代男性会社員)

給食費はそのままで米飯回数を増やしてほしい(5回/週28・4回/週1・?36)
●栄養の取りすぎ。咀嚼力、アレルギー等米のほうが子どもにとっていいと思います。(40代女性他)
●子どもの健康のため。(50代女性)
●小麦を輸入する必要はない。(30代男性会社員)」
●ごはんを食べて子どもがこんなに喜ぶとは知らなかった。(30代女性)
●パンだとお腹がすきやすい。(40代女性)
●三条市も完全米飯給食で給食費はほとんど同じであるというお話。宝塚でも出来るのではないかと。(30代主婦)
●要はやる気だから、費用を上げなくても出来る。(30代女性)
●パンと合うおかずの献立は難しいのではと思う。(30代女性)
●子ども達は米飯大好きです。パン食は食べた気がしないという声も良く聞きます。(50代女性養護教員)
●私自身子ども時代米飯2回でしたが、今3回・・・10年経って1回増えたがもっと変化してほしい。パンと米はあきらかに違うので米飯を増やしてほしい。大人になるときの食生活にも影響するため。(20代女性栄養士)
●ごはんの方が日本人の体にあっているし、しっかりと食べることができる。でも子どもは「パンにして~」とすぐ言う。(40代女性)


学校給食に望まれる点、困っている点
(宝塚市在住の方)
●米飯を5回に。飲み物はお茶にできないでしょうか。家から持参してもいいので。(30代主婦)
●完全米飯にすること。量を増やしてほしい。牛乳はいるのか?(30代主婦)
●一日も早い完全米飯給食を望みます。5年生の女の子が給食が足りないと言っていました。(30代主婦)
●学校では食の勉強も、家庭の様子を考えながら、どの方向が良いのか悩んでいましたが、今回の方向が実態にもピッタリでいいなあと思いました。職場や仲間にも内容を広げたいと思います。(養護教員)
●週5回食べるので安全なものでお願いしたいです。(30代主婦)
●パンとラーメン、スパゲティと揚げパンなどの、小麦粉プラス小麦粉の献立が週2回はあるので、おかしいと思う。(40代女性)
●「変な給食」を息子は今年の4月から食べています。宝塚市も早く気付いて見直してほしいと思います。(30代主婦)

(市外の方)
●完全米飯にしてほしい。(30代男性サラリーマン)
●保育所に通う2才の子どもがいます。牛乳などにアレルギーがあり(トマトや野菜にも)一時的に除去をしていました。担任より「野菜ジュース(市販)を飲ませないことは子どもがかわいそうだから、主治医に許可を取るように」と何度も言われ疑問に感じました。主治医は「市販の物は砂糖が多くダメ」しかし、その後もしつこく、こどもが保育所からつらくあたられるのも困るので主治医に折れていただく結果になりました。悲しい現実です。(茨木市30代女性)
●牛乳はやめてほしい。(40代女性)
●ごはんでも牛乳がつく事。(30代主婦)
●住んでいる市の米飯回数が知りたくなった。(神戸市30代主婦)
●地産地消(30代主婦)
●出来れば有機のもの。(30代女性会社員)
●ごはん、魚の給食にしてほしい。(30代主婦)
●何でも食べられるようになってほしいのでパン食ゼロを望むわけではないが、日本古来の粗食も喜んで食べるよう食育を考えてほしい。(30代主婦)
●パン給食の日が多い。(伊丹市39台主婦)
●京都市は米飯化を進めているので特にないが、一つあるとしたら、出来る範囲での除去食メニュー。
●大阪府も米飯2.6回という現実。(20代女性栄養士)
●池田市も川西市のように完全米飯になってほしいと思いました。(30代女性)
[PR]
by kyusyoku | 2010-06-08 23:18 | アンケート結果