学校給食の米飯化を目標とするボランティア団体


by kyusyoku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最近の講演会から

●リクエスト講演会!鈴木公子先生(歯科医)と幕内氏の2本立て講演会
2004年11月28日(日)午後、兵庫県庁近くの生田文化会館にて「子どもの歯の健康と食生活」というテーマで開催。鈴木先生には2003年に一度講演をしていただき、その後「またぜひ呼んでいただきたい!」という要望が多く再びお願いすることになりました。鈴木先生は新潟県中越地震に遭われ診療所も大変な状況だと伺って心配しておりましたが、当日お元気な(というか相変わらずステキな)お姿を拝見して少し安心しました。大変な時に遠いところありがとうございました。
 参加者は予想の人数を上回り、最終は173名に。用意したイスはほぼ満席でスタッフは立ち見になってしまうほど。あの島田彰夫先生にもご来場いただき、質問で「なぜ牛乳が良くないか」に対するコメントを客席からいただく場面もあり会場内は熱気でいっぱいでした。時間的には長かったのでしょうが、お二人の講師のお話は決して長く感じなかったと思います。そして会場内にはたくさんの目からのうろこが落ちていたようです。その驚きを学校給食の完全米飯化への動力にかえていただけますこと切に願っております。
 今回は、地域ごとの講演会ではなかったので久しぶりに各地からスタッフが大集合。その実力の集大成で準備から受付・誘導・片付けととてもスムーズにこなしていただきました。毎回皆さんには感謝!感謝です!

b0029980_22284493.jpg








 






講演会の感想(一部抜粋)
『去年、鈴木先生の講演を聞いたことがきっかけで会に入りました。お二人の話がいっぺんに聞けるなんて、とってもお得です。いつも基本で、おっしゃることが、ぶれないので、講演会の度に、私の中にくさびが打ち込まれるような気がします。』37歳主婦
『食事内容で歯の健康が決まる!と実感しました。それが体の健康にもつながるんだなぁと思いました。パンはたまの楽しみにと思っていましたが、もっと減ると思います。小4のパン好きの娘も一緒に聞かせて頂いたので、あの歯のスライドを見てご飯をもっと喜んでくれることでしょう。 』  42才主婦




●念願の読売ジャイアンツ工藤投手来神!
2004年12月9日(木)夕方5時55分より神戸市勤労会館大ホールにて『工藤公康投手のトークショー&野球教室』を開催しました。
当会代表の幕内秀夫氏が工藤投手のアメリカキャンプの際、食材を用意して現地に送っているご縁から、給食の会にお力添えをいただけることになりました。開催が決まったのは当日の3週間前という短い広報期間でしたが兵庫支部のたくさんの仲間の熱意と機動力のおかげで平日の夜にも拘らず500名の定員に対し申込みが殺到しました。参加された大人と子どもの割合は4:6位。工藤投手が登場すると大歓声が挙がり子ども達はみんな目を輝かせて嬉しそうな表情をしていました。
前半は、工藤投手と幕内氏のトークショー。41歳でありなから通算200勝を成し得た他多くのタイトルを獲得されている工藤投手の小さい頃の食生活のお話などその強さの秘訣を教えていただきました。工藤投手の口から子どもの頃の食生活の大切さを聞いて食生活に関心を持たれた方も多かったのではないでしょうか。
後半は、子ども達が待ちに待った野球教室。小学生・中学生・指導者の方々から質問を受けそれに答えていただくというものでした。質問した子どもは「こっちに来いよ」とステージに上がらせてもらい、おもしろくそして丁寧に指導され、おまけに頭をなでてもらったり…ととても幸せそうでした。工藤投手はとても気さくでやさしく子ども達に語りかけてくださり会場のみんなはますますファンになった様子でした。
交通費も講師料も不要と全くのボランティアで神戸に来てくださった工藤投手には感謝の気持ちでいっぱいです!来シーズンも皆で応援しましょうね!

トークショーの感想(一部抜粋)
『小さい時の食生活の大切さが分かりました。スポーツドリンク、サプリメントなど健康食品に共感していない方で、人間性に親しみを感じました。とても分かり易く、声に張りがあり好感を持ちました。これから応援したいです。』 41才主婦
『一物全体食、手作りの食事、「つ」が付くまでの食生活が大事等、参考になりました。』47才公務員・男性


●支部交流会
工藤投手のトークショーの翌日は朝10時から交流会が。なんてハードなスケジュールなんでしょう!神戸市から遠くからでも皆さん連日集まっていただき20名の参加となりました。今回は講演会を聴いて「給食を変えなければという思いはあるが具体的にどうしたらいいのか」という多くの声にお答えしての勉強会としました。実際、行動を起こされている方々の事例をもとに幕内氏から厳しい指導を受けました。おかげで今後軌道修正して活動をしていける、ととても身になる内容でした。まずは理解者を増やすこと。講演会を開催し多くの人を動員することが大切。基本を忘れずに地道であるけど草の根運動を展開していこうと思います。
その後は昼食を食べながら交流会を。一人ずつ自己紹介をして和やかに過ごしました。交流会にも新しい参加者も増え、しかも平均年齢を下げてくださいました。確実に仲間の層が厚くなっているのを感じました。(兵庫支部代表 山本恵美子)
[PR]
by kyusyoku | 2005-01-19 19:02 | お知らせ