学校給食の米飯化を目標とするボランティア団体


by kyusyoku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2004・11・28 鈴木先生&幕内氏講演会

アンケート回収 47枚

講演会をどこで知ったか
  知人の紹介(27)・お店(自然食品店 1・ムスビガーデン 1)・公共施設(図書館1)・新聞等(1)その他  会員(3)・消費者クラブ(4)・インターネット(1)・案内はがき(2)・前回講演会(2)高木善之氏講演会会場チラシ(1)・幼稚園、保育園(3)

内容は?
  大変良かった(43)・良かった(3)


講演会の感想
● 去年、鈴木先生の講演を聞いたことがきっかけで会に入りました。お二人の話がいっぺんに聞けるなんて、とってもお得です。
いつも基本で、おっしゃることが、ぶれないので、講演会の度に、私の中にくさびが打ち込まれるような感じがします。 (37才主婦)
● 前回、鈴木先生のお話を聞いて目からウロコが落ち、今回又軌道修正の為に来ました。
子供の将来を決めるくらい大切な食べ物を全て管理しているのは母親である私たちであって、何でも子供の好きなものを与えることが本当の愛情表現かどうか?!を強く考えさせられました。
子供を預けて、頑張って来てよかったです。いろんなお母さんに聞いて欲しいと思いました。
マクドの元社長が「6才までにハンバーガーの味をしめた子供は、一生お客としてついてくれる」の言葉に驚き、確かに当たっているとなぜか感心しました。  (39才主婦)
● 和食を本当に頑張って覚えたいと思いました。レパートリーが少ないので、是非鈴木先生のアイデアを頂戴したいです。
発芽玄米に小豆を入れたものを毎日食べていますが、2才3才の子は食べますが、6才7才の子は食べずらい様です。  (33才主婦)
● 分かりやすい講演会でとても良かったです。  (31才栄養士)
● 幕内さんの講演会を聞くのは3回目ですが、毎回新しい学びがあり刺激になります。
我が家は夫と子供がアトピーで、夫はこの一年粗食を徹底し、大変改善してきています。今回の講演会では、「砂糖と油は止まらない」「大人は難しいが子供は簡単」という部分に深くうなづき、反省そして勇気を頂きました。  (35才主婦)
● 病気や虫歯が生活習慣病である事が改めてよく分かった。全ての結果(病気)には、原因があるのですね。 (主婦)
● ご飯食、和食が大切とは分かっていても、出来ない生活でしたが、お話や、歯の写真を見せていただいて、自分のこととしてとらえる事が出来て良かった。 (40才主婦)
● なぜパンがいけないの?という疑問が解けました。  (31才主婦)
● 子供にこんな簡単な食事でいいのか!!と気になっていましたが、「離乳食は早めに」「野菜をいっぱいすりつぶして」「いろんな食材を小さなうちに食べさせて」とか、あきらかに「うそ」だったんだな~と。食べないのはお乳が足りていたわけで、無理矢理食べさせていた自分が恥ずかしいです。 (29才主婦)
● 一人でも多くの方に声を掛けて聞いて欲しいと思うのですが、現実は聞いて欲しいと思う人は来ませんね。
私が輝くことかしらと思うのです。 (62才クッキング講師)
● 健康は食事から、とよく伺いますが、和食の大切さを痛感します。
自分の食生活にも乱れが多いことを感じました(パン牛乳が日常食です)。まずはご飯をたくさん食べるようにしたいと思います。 (28才歯科衛生士)
● ノンホモ牛乳を飲んでから、ひどい鼻炎になり、おかしいなと思い、牛乳、乳製品をなるべくとらないようにすると、鼻の調子が良くなり、便通も良くなりました。チョコレートなどたまに食べると必ず体調を崩します。
お話を聞いてほっとしました。
美味しい漬物が作れるようになりたいと思います。 (42才主婦)
● 食事に関しては勉強していたつもりでした。正しかったと思うことや、エッそうだったの?と知らなかったことが分かりとても良かったと思います。 (52才幼稚園調理師)
● 又講演会を聞いてみたいと思います。 (31才主婦)
● こんな講演会は聞いたことが無かった。日本の伝統食がいいということが分かって嬉しい。私たちはそれで育ってきたから、自身を持って子供たちにすすめたい。 (63才主婦)
● 鈴木先生のお話は涙が出たりと、とても感動しました。医者の存在って病気を治す「指導」をするものだと実感しました。私もたくさん病気をしてきましたが、早く鈴木先生の様な方に出会いたかったです。(36才主婦)
● 保育所の保護者にも聞いてもらいたいと思いました。 (34才保育士)
● 歯科衛生として食事の事をもっと勉強して、患者さんに正しい知識を伝えることが出来るようになりたいと思います。そして患者さんに本当に健康になってもらえるような診療をしていきたいと思います。お話を聞けて良かったです。   (37才歯科医師)
● 丸元淑主さんと幕内さんの対談を聞いてみたいです。 (37才男性)
● 学校給食の再現写真にはびっくりします。会の活動の成果が知れるので楽しみです。    (45才)
● 牛乳は要らないことが分かった。牛乳は絶対いいものと思っていました。(63才主婦)
● 食事内容で歯の健康が決まる!と実感しました。それが体の健康にもつながるんだなぁと思いました。
パンはたまの楽しみにと思っていましたが、もっと減ると思います。小4のパン好きの娘も一緒に聞かせて頂いたので、あの歯のスライドを見てご飯をもっと喜んでくれることでしょう。(42才主婦)
● 子供が熱を出した時、ポカリを何で飲ませないのかと攻められるのですが、自信がもてました。   (41才)
● 学校給食は早く変わって欲しいです。田舎が羨ましいです。幕内さんのお話が短かった・・・  (37才主婦)
● 給食については初めて聞くことばかりでしたが、とても大きな問題だと感じました。 (32才主婦)
● スポーツドリンクや缶コーヒーの悪影響がこれほどとは・・。パン食もつい取り入れがちですが、見直そうと思いました。  (32才主婦)
● 目からうろこのひと時でした。これからは食生活に注意し家族の健康のために頑張って生きたいと思います。
夜の歯磨きの仕上げも頑張ります。
● 自分がどんなに無知だったか恥ずかしくなしました。子を持つ親として正しい知識を聞いて良かったです。 (34才主婦)
● かなり勉強になりました。患者さんで、なかなか歯肉の状態が良くならない方もいらっしゃるので、食事指導もしていきたいと思います。 (22才歯科衛生士)

子供の歯や健康について
● 上の子がたいして歯磨きもしないのに虫歯無しだったので、下の子(2才)の虫歯数本ありにショックを受けていました。パンやうどんが多かったかもしれません。 (37才主婦)
● 子供の歯磨きには力を注いできましたが、虫歯の予防が歯磨きだけではないことを実感し、続けている玄米食を頑張っていこうと思います。
野菜が不足気味と思い、青汁を飲ませようと思っていたところでしたが必要ないですね。まずはご飯、味噌汁、漬物、お茶、これなら私にも出来そうです。でも、あまりがんじがらめにならない様、たまには休憩として人気のものもあげようと思います。  (39才主婦)
● しっかり噛むことの大切さが良く分かった。  (28才栄養士)
● 歯の数々のスライドで、食生活の大切さ、パン食の恐ろしさが分かり、インパクトがありました。一緒に聞いた8才の息子にもとっても良かったです。                         35才主婦
● 歯は一生の宝です。健康も歯から始まるのですね。子供の歯も健康のバロメーターですね。守るのは親の義務ですね! (主婦)
● パンや麺類がこんなに歯を汚していくのは知りませんでした。 (31才調理師)
● 子育て中に何も分からずやって来て、子供に申し訳なく思います。(62才クッキング講師)
● 日々の診療の中で、親子で口腔内の環境が非常に悪い方に遭遇します。食生活の面にも踏み込んで行きたいと考えておりますが、勉強が必要だなと思っています。 (28才歯科衛生士)
● フッ素をしないといけないと歯医者さんに言われ、とても悩んでいましたが、食事とブラッシングに注意していればいいのだと思いました。 (42才主婦)
● 子供を通院させている歯科医のDrのお話と内容がリンクしており、納得し易く、益々子供の歯に対する考え方に理解が深まりました。 (37才主婦)
● 是非、全国の子供たちに聞かせてあげられたらと思います。 (42才主婦)
● まず、ジュースなどをやめる様にしたいと思います。 (51才看護士)
● 歯磨きよりも、ご飯をしっかり食べ、唾液を出す方が菌が付かないとは知らなかった。  (63才主婦)
● 息子(3才)は、毎日歯磨きをし、甘いものもほとんど食べないのに虫歯があるのは体質なのかな~とあきらめていましたが、モウ一度食生活を見直してみます。 (36才主婦)
● これから子供が生まれるので、とても勉強になりました。妊婦はこれからの子育てにとても不安と興味があるので、産院のセミナーなどでもやって頂くと嬉しいです。 (33才福祉業)
● plaqueを、取る事ばかりを考えていたように思います。これからは、plaqueが付きにくい食事を考えるようにしていきたいと思いました。 (37才歯科医師)
● ご飯がこんなに良かったんですね。(63才主婦)
● 家の外での食事は事情があり、難しさを感じています。 (38才主婦)
● 鈴木先生の話は「あたりまえだけど大切なこと」でした。歯医者さんがここまで指導してくれたらありがたいです。 (37才主婦)
● お友達とも、知らないで砂糖、油脂の多いおやつタイムを持つことが多いので、皆にも理解してもらいたいと思いました。  (32才主婦)
● 川西市でも子供の歯については色々教えられました。カムカム運動80回噛むというのもあり、小児歯科の先生も同じ事を言われていました。 (主婦)
● 鈴木先生の食事指導の本など是非出してください! (22才歯科衛生士)
● 鈴木先生のお子さんのアトピーがどうして治ったか?食生活を詳しく教えて欲しかった。 (64才主婦)
● 噛みなさいと言っても子供は噛まない、噛める食事を作らないと!は心に残りました。 (42才)

学校給食について
● 幼稚園のPTAで、市内の栄養士さんの話をうかがう機会がありました。私から見ると油っぽいな~と思えるメニューで、30品目や、栄養素の事、他のお母さんたちは感心しておられて、こんな話を今更広げないで欲しいと思いました。 (37才主婦)
● 子供がまだ小学校に行っていないせいか、何も考えていませんでした。神奈川県の給食のお粗末さに驚きました。思えば、私が小中学校時代も牛乳と炊き込みご飯、牛乳とうどんなど、変な組み合わせと思ったことを思い出しました。せめて、変な組み合わせだけはやめて頂きたい。
どうしても残る「牛乳神話」これもやめて欲しいです。 (39才主婦)
● パン、牛乳をやめてもらいたい。私も手伝いたいです。 (33才主婦)
● 保育園で給食を作っていますが、よく食べてくれます。逆に講演会を聞いて少し不安になりました。これで良いのかと・・。  (31才栄養士)
● 小2の息子がアトピ-で、入学後半年で悪化。まず牛乳をやめ、今年の2学期から肉類、乳製品の日はお弁当を持たせています。今更ながらメニューの洋風、無国籍な物の多さ、肉の多さ、野菜の少なさにがっくりと来ています。今は子供の症状も落ち着いてきたので、何かお手伝いを出来たらと思います。 (35才主婦)
● 現状がこんなにひどいと思わなかった。給料をもらっている栄養士が作った献立がこんなにひどいのなら、今の子どもたちは何を食べさせられているのか想像できない。ペットフードを与える感覚で子育てしているのかと思った。もっとおころうよ! (主婦)
● 何年か後に我が子が給食を食べると思うとゾッとします。今までは給食は最高の食事だと思っていました。 (29才主婦)
● 応援します! (62才クッキング講師)
● 自分に子供が出来たら給食についてしっかり考えている学校に行かせたいと思いました。 (28才歯科衛生士)
● 牛乳が気になっています。子供のことなので、黙って飲むのではないかと心配です。幼稚園での2回の給食もご飯にして欲しいと言いましたが、聞いてもらえませんでした。 (42才主婦)
● もっと早く知りたかった。何が出来るのか・・?と思います。無力な母です。 (37才主婦)
● 全国的に幕内先生の息のかかった給食にしてもらいたいです。 (42才主婦)
● 私立幼稚園で週一回の給食を出しています。歯ごたえのある物を出すと、お残しが多いような気がします。週一回なので子供たちが喜ぶものと考えますが、それよりも週一回だからこそ普段食べないようなものを出すようにしたいと思い、少し考えています。 (52才幼稚園給食調理師)
● 自分子供の通う学校給食を見てみたいと思いました。 (31才主婦)
● 子供たちが和食のおかずを嫌がるので、砂糖、油の多いメニューになると聞いた事があります。家庭でも和食を食べる機械を増やしてもらいたいなと思います。 (36才主婦)
● これから学校給食が担う役割は大きくなっていくと思います。「子供を洗脳」というお言葉がありましたが、まさにその通りだと思います。
ビデオを是非作ってください。ビデオ学習会などをしておりますので。 (40才主婦)
● たくさんの学校給食の再現スライドを見て大変驚きました。日本の全ての学校で子供たちが美味しく食べられる給食であって欲しいです。 (20才歯科衛生士)
● 早く、伝統食を食べさせてあげたい。 (45才)
● 米飯給食になれば、しっかり噛める献立になるのになあと思います。 (42才主婦)
● 子供が6年生なので、あきらめの気持ちがありましたが、講演会を聞いて、これではいけないと思いました。 (41才主婦)
● 親ももっと興味を持つべき。 (38才主婦)
● 牛乳の選択、時間をずらす方法、良いと思いました。 (主婦)
● 幼稚園の給食がインスタント物が多く、友達も同士遊ぶ時も、限りなくお菓子を食べるのが当たり前になっているので、アレルギー体質の子供には厳しく、遊びにもあまり参加できません。食習慣を全体に改正してもらいたいので、是非完全米飯給食にしてもらいたいです。(35才主婦)
[PR]
by kyusyoku | 2004-11-28 20:52 | アンケート結果