学校給食の米飯化を目標とするボランティア団体


by kyusyoku
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

兵庫支部だより第2号(2004年3月10日発行)

幕内秀夫氏講演会、姫路にて開催(15年12月22日)

昨年春に兵庫支部を立ち上げ、もうすぐ1年になります。7月に初の幕内氏の講演会、10月に歯科の鈴木公子先生の講演会を実施して大変な反響を呼びました。
参加者には熱心な方も多く、是非今度は我が町で!との希望が多数寄せられて12月には姫路での講演会が実現しました。まずは、姫路の講演会開催で中心に活動されたHさんにお話をきいてみました。



昨年の7月、以前より念願だった幕内先生の講演を神戸で聴講することができました。講演直後、支部代表の山本さんに「姫路で開催させて下さい!」とお願いし、会場を後にしました。それから話がトントン拍子に進み、昨年末の姫路での講演会開催の運びとなりました。2ケ月間チラシを持って東奔西走した事はとても勉強になりました。行政の対応、関心のない幼稚園・保育園、教育には関心があっても食には興味のない母親・・・と様々でした。そんな中で、幕内先生のお考えを基本に給食の献立を組んでおられる保育園(津田このみ保育園)の存在を知り、姫路にも胸張って紹介できる園があったことに安心しました。
講演会には市の職員、学校関連の方、市内の幼稚園の園長先生もお越しになられていましたが、特に娘の通っていました「五字ケ丘幼稚園」の園長先生が幕内先生の講演に心を熱くされた様子。ぜひ我が園で幕内氏の講演会を開きたい・・・とご依頼があり、その思いが通じて4月27日園内での講演が決定しました。今後も給食のあり方を見直してもらえる行政の方にお会いできるよう、色んな所に働き掛けたいと思っています。
私自身若い頃の食の乱れで子宮内膜症になり、10年間子供を授かる事ができませんでした。しかし、そのことがきっかけで自分自身の食のあり方を見直し、一人娘を授かりました。幕内先生の講演では、更に基本的な所を見直さなくてはならない事に気付かせていただきました。昨年の7月の講演以来、自分では一生することがないと思っていた「ぬか漬け」も半年経ち、今では最高のぬか床が我が家にあります。これからはもっと「お米」を大切にしようと心がけています。
講演会では私の周りの大切な仲間が朝早くからお手伝い下さったことに心より感謝します。また、姫路で講演会を行えるよう導いてくださった山本さんに、この場をお借りしてお礼を申し上げます。  (姫路市 M.H.)
[PR]
by kyusyoku | 2004-10-29 16:53 | 支部だより