学校給食の米飯化を目標とするボランティア団体


by kyusyoku
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2004年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 近頃、『兵庫支部はすごいですね』とお褒めの言葉をいただく機会が増えました。確かに、スゴイと私も思います。それは支部に関わってくださっている皆さんがパワーがあり各方面に講演会の案内をしてたくさんの方を動員してくれます。そして講演会に来られた方も、その後ご自分の市でも開催して欲しいと声をあげて地元の仲間を集めたり会場の手配をしたり動員を図ってくれます。またご自分の属する団体主催で幕内さんの講演を開催される方も増えました。昨年7月に初めて講演会を開催して約1年、この7月3・4日の講演会を含めて、講演会が8回・交流会が3回、そして食生活基礎講座まで神戸で開催。さらに秋には交流会1回と講演会2回開催する予定にもなっているのですから本当にすごいと思います。


五字ヶ丘幼稚園(姫路)にて幕内氏の講演会
五字ヶ丘幼稚園の園長先生が幕内氏の講演会に感銘を受けられ、4月27日に同園にて、幕内氏の講演会が実現しました。兵庫県内で、園・学校主催での幕内氏の講演会は初めてのこと。保護者200名の参加のもと、食に関心の高い方も、特にこれまで悩みもないという方も、熱心に聞かれていました。
 講演会後、高橋園長先生の「我が園も、来月より米飯給食に切り替えることになりましたが、皆様よろしいでしょうか?」との言葉に、満場の拍手をもって承認が得られたようです。早速、1回はご飯、2回はパンまたは麺類だった週3回の給食(他2回は持参弁当)が、5月より全てご飯給食へと変わりました。
 講演会を聞きに来られていた保護者の方からも「幕内さんのお話は納得するところが多かったです。おにぎり、おみそ汁の大切さを知りました。」との感想が聞かれました。朝食をご飯に変える家庭も増え、週2回の持参弁当もサンドウィッチなどのパン食がぐっと減ったとのことでした。
 講演会の前日には、幕内氏を交えての支部交流会が行われ、姫路市内の幼稚園の保育士さんや保護者などを中心に、給食の会員以外の方も参加。ビデオ上映も含めた、熱意ある幕内氏の話に聞き入っていました。
 五字ヶ丘幼稚園で講演会は開かれ、実際にご飯給食に切り替わったということ。また交流会でご飯食の大切さに触れられたことは、1つの園のみならず、市単位、県単位で、完全米飯給食への実現に繋がるエネルギーとして心強いものを感じました。
(姫路市 K.T.)


兵庫県内小学校給食での米飯の回数の分布(週当たり)
b0029980_197972.jpg

米飯2回以下の市町(14市町/88市町)
神戸市・尼崎市・明石市・西宮市・伊丹市・加古川市・龍野市・宝塚市・篠山市・高砂市・
猪名川町・揖保川町・太子町      川西市(週1回)
米飯5回の町(7町/88市町)
佐用町・上月町・南光町・三日月町・山崎町・美方町・市島町
米飯4回の町(7町/88市町)
春日町・柏原町・千種町・出石町・社町・滝野町・東条町

その他の市町(59市町)は、米飯3回

「学校給食の現況 平成14年度(平成15年5月現在)」 兵庫県教育委員会資料より
[PR]
by kyusyoku | 2004-10-29 23:57 | 支部だより
b0029980_21482791.jpg


        今日の常備菜はレンコンの梅炒めとカボチャ煮。
   揚げ・じゃこ・あおさ海苔を3分煮て、ししゃもを焼いたらおかず完了!
        ごはんとお味噌汁で立派なお食事になりました。kotori


                                                                         
[PR]
by kyusyoku | 2004-10-29 21:51 | ご飯食はカンタン!
幕内秀夫氏講演会、姫路にて開催(15年12月22日)

昨年春に兵庫支部を立ち上げ、もうすぐ1年になります。7月に初の幕内氏の講演会、10月に歯科の鈴木公子先生の講演会を実施して大変な反響を呼びました。
参加者には熱心な方も多く、是非今度は我が町で!との希望が多数寄せられて12月には姫路での講演会が実現しました。まずは、姫路の講演会開催で中心に活動されたHさんにお話をきいてみました。



昨年の7月、以前より念願だった幕内先生の講演を神戸で聴講することができました。講演直後、支部代表の山本さんに「姫路で開催させて下さい!」とお願いし、会場を後にしました。それから話がトントン拍子に進み、昨年末の姫路での講演会開催の運びとなりました。2ケ月間チラシを持って東奔西走した事はとても勉強になりました。行政の対応、関心のない幼稚園・保育園、教育には関心があっても食には興味のない母親・・・と様々でした。そんな中で、幕内先生のお考えを基本に給食の献立を組んでおられる保育園(津田このみ保育園)の存在を知り、姫路にも胸張って紹介できる園があったことに安心しました。
講演会には市の職員、学校関連の方、市内の幼稚園の園長先生もお越しになられていましたが、特に娘の通っていました「五字ケ丘幼稚園」の園長先生が幕内先生の講演に心を熱くされた様子。ぜひ我が園で幕内氏の講演会を開きたい・・・とご依頼があり、その思いが通じて4月27日園内での講演が決定しました。今後も給食のあり方を見直してもらえる行政の方にお会いできるよう、色んな所に働き掛けたいと思っています。
私自身若い頃の食の乱れで子宮内膜症になり、10年間子供を授かる事ができませんでした。しかし、そのことがきっかけで自分自身の食のあり方を見直し、一人娘を授かりました。幕内先生の講演では、更に基本的な所を見直さなくてはならない事に気付かせていただきました。昨年の7月の講演以来、自分では一生することがないと思っていた「ぬか漬け」も半年経ち、今では最高のぬか床が我が家にあります。これからはもっと「お米」を大切にしようと心がけています。
講演会では私の周りの大切な仲間が朝早くからお手伝い下さったことに心より感謝します。また、姫路で講演会を行えるよう導いてくださった山本さんに、この場をお借りしてお礼を申し上げます。  (姫路市 M.H.)
[PR]
by kyusyoku | 2004-10-29 16:53 | 支部だより