学校給食の米飯化を目標とするボランティア団体


by kyusyoku
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2006年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

幕内さんNHKに登場!

土曜フォーラム
「こどもを肥満から守る~ふとらない環境をどうつくるか~」 
NHK教育テレビ 6月24日(土) 23:30~0:40 

        お見逃しなく!
[PR]
by kyusyoku | 2006-05-30 21:30 | トピック

アンケート

5月14日三田講演会参加者アンケートより

*******************************************************
今、短大で保育士の勉強をしている娘が高校生の時「お母さん、めっちゃ良い本買ってきたで!」と、図書館から借りてきた本を見せてくれました。それが幕内先生の子どものおやつの本でした。私は「粗食のすすめ」を読んでいましたが、娘に話した事はなかったので、余計に娘自身の選択で幕内さんの本を借りてきたことに大層感激し、これまで食生活の話をし、食事作りを頑張ってきた甲斐があったと嬉しく思いました。
 
「体に良い食事を出す幼稚園に勤めたいねん。」と、夢を語っていましたが、今実習で色々な園を経験し、お弁当や給食の実態を見るにつけ、ごはんを主にした食事の実践には困難を感じているようです。
 
でも今後、実際に働くようになった時、どんな形で娘が園に働きかけができるのかまだ分からないので、希望は捨てないよう話しています。今回の講演会に娘が参加できた事は心より嬉しく、皆様に感謝申し上げます。
 
私が子供の頃、家が裕福でない事もあり、毎日毎日御飯、みそ汁、漬物でしたが、風邪一つひかず、丈夫な体で身長も伸び、幕内先生のおっしゃる事を今さらながら実践しております。
多忙な身ゆえお手伝いできず申し訳ありませんが、活動の広がりをお祈りしております。
*******************************************************
[PR]
by kyusyoku | 2006-05-25 17:04 | お知らせ

三木市交流会

◆ 三木での交流会、お近くの方参加お願いします


  日時 平成18年5月24日 10時~12時
  場所 三木市役所3階 市民会議室
  内容 三木での活動について意見交換など


会場は旧助役室なので、落ち着いて話が出来るかなと思います。
小さなお子様がいらっしゃる方も遠慮なさらず参加してください。
[PR]
by kyusyoku | 2006-05-24 21:08 | お知らせ

支部だより第8号

◎三木講演会を終えて 2月26日

 2月25日三木山森林公園で幕内氏の講演会が開かれました。
 今回、三木の地では、初めての講演会となりました。参加者は66名でしたが、保護者の方はもとより、幼稚園職員、保育園職員と子どもとかかわる方々の参加もありました。
 三木でも、子どもを取り巻く環境は良いとは言えず。朝ごはんを食べていない子、パンとジュースだった子、離乳食のようなやわらかい食事を食べ続け咀嚼力の低い子など、意識が低い、または、過保護になっている家庭もあります。
 幕内氏の講演は、ユーモアを交えながら、また、分かりやすく2時間があっという間に過ぎました。私達は食べることを楽しむあまり、食事の本質を忘れてしまっていることに気づかせるお話でした。昔は、食べることに一生懸命になったという話を聞くが、今は、溢れかえる食品の中で何を食べないか、距離を置くか、子どもに示していかないといけないと感じました。また、「70点の食事」は、参加された皆さんが実践しやすい内容なので、早速取り入れられていることと思います。
 後日、夫婦で参加してくださった方とお話しました。私と同じく、新一年生になるお子さんをお持ちの方でしたが、学校給食へ意見を言えるとは思っていなかったようでした。私も、以前は同じように思っていました。これからは、個人でも学校へ短い手紙でも簡単に意見を言えること、声が上がれば確実に変ることを、もっと知ってもらわないといけないなと思いました。
 合併前の三木市では、幼稚園と中学校はお弁当持参でした。しかし、合併後、給食を開始する動きになっています。開始してしまえば、変えることは簡単な事ではないでしょう。その前に、もっと、多くの方に知ってもらいたい、そして、考えてもらう必要があると思っています。
 
 市内の公立幼稚園の園長先生が講演会に参加されました。4月17日、この園での最初のお弁当日は、おにぎりのみの、おにぎり弁当でした。前年度にはない試みに、見学させてもらいましたが、桜がまだ盛りの園庭で、おにぎりをほおばり、食べ終わると次々と遊びへ移っていく子ども達を見ていると、園長先生の想いが伝わってくるようでした。
 最後に、幕内先生遠いところありがとうございました。また、お手伝いくださった皆様にも感謝します。三木での活動はまだまだ1年しか経っていませんが、小さな芽は確実に芽吹いているようです。次は、大きな花が咲くようがんばりたいと思います。
想いは叶う、その時を信じて。 (三木市 佐々木)

◎2回目の姫路講演会 3月11日     姫路会場にて 著書のサイン会に長蛇の列▼
b0029980_21121088.jpg
 姫路城の羽ばたきが間近で眺められる「イーグレひめじ」にて3月11日幕内氏の講演会が行われました。
姫路での講演会は2003年12月に続き2回目の開催。その間に私立五字ヶ丘幼稚園、市立八幡小学校のPTA学級での講演会,交流会は2回行われ,幕内氏はすっかり姫路ではお馴染みの(?)顔となっております。
 しかし,姫路市の学校給食の米飯回数は以前と変わらず週3回のままで改善の兆しはなく,何とか前進の手だてはないかと,この度の講演会へ市長や市議の方に足を運んでもらうべく幕内氏の著書を添えてご案内をしてみました。何度となくアタックしてはうち破れているので、「駄目でもともと」の精神で「給食のちから」を添えて出した案内がとある議員さん(A市議)の目に止まり、深く共感をいただくことができました。講演会直前の3月8日には本会議の個人質問の一項目として「小学校給食の完全米飯化について」の提言がなされ,完全米飯給食についての子どもの健康的意義を他の自治体の具体例も挙げて述べられました。しかし、それに対する教育長の答弁は,子どもの嗜好も優先した・・・という現状維持とのこと。議会を傍聴に行った姫路スタッフ3人はがっくり肩を落として帰ってきました。
 3月11日の講演会には,これまで何度か講演会・交流会に参加され更に理解を深めたいという方から、赤ちゃん連れの若いママさんグループ、保育士さん,歯科医師・・・と90名近くの方に参加していただきました。熱気の中にも真剣なまなざしが幕内氏に向けられ,講演会終了後のサイン会では個人的な質問コーナーとなっていました。そんな中でも幕内氏の指導を受けたいという保育園の先生が2つあり,今後の展開が注目されるところです。
 
 神戸新聞の取材もあり,翌週3月17日の「トーク&とーく」のコーナーで「米飯の良さ見直そう」という見出しで紹介されました。
 学校給食には変化の見られない姫路ですが、何度も講演会・交流会を開催していくことにより地域として理解者が増え、幼稚園・保育園の若い世代の親が「ご飯食」の素晴らしさに気づきはじめている実感はあります。トップダウンで早速に完全米飯給食に切り替わる自治体もありますが、草の根的に市民・保育士・医師・・・の意識を変える事により、米飯給食も前進していくものと信じています。 (姫路市 田中)
[PR]
by kyusyoku | 2006-05-15 21:21 | 支部だより
アンケート回収  (32)

講演会をどこで知ったか
知人の紹介(14)・お店(姫路野菜村1・ミヨシ2・その他1)・公共施設(星の子館1・その他1)新聞等(神戸新聞1・その他3)・その他(おむすび通信3・幼稚園2・自然育児の会1)

内容は?  
 大変良かった(23)・良かった(8)
●先生の生の声で聞かせてもらい、理解が深まりました。参加してよかったです。お世話してくださった方ありがとうございました。(50代女性)
●子育て中ですので、食生活に必要なもの、又、食事を作る母親として、とても刺激的な内容でした。ありがとうございました。(40代主婦)
●早く完全米飯給食になればいいですね。(40代女性栄養士)
●現在の学校給食の状態及び、子どもの栄養状況がよく分かりました。(30代男性会社員)
●わかりやすかった。何か自分で出来ることをしなければと思った。(30代女性)
●今日で3回目の参加。学校給食栄養士の献立に疑問。(60代以上女性栄養士)
●楽しい内容で、あきっぽい私でも興味を持って聞けました。(30代男性歯科医師)
●4月以降の学校給食(パン)をどうしようと思ってしまいます。(30代女性公務員)
●パンの悪さがよくわかった。(40代男性スポーツスクール)
●話が分かりやすくおもしろかったです。(30代主婦)
●楽しく話が聞けました。(30代女性)
●話に引き込まれて時間もあっという間でした。(20代女性病院栄養士)
●私の食生活を悔い改めよう!と決意しました。お菓子を考えさせられました。(20代主婦)
●心にひびきました。(20代女性)

講演会参加前後でご飯に対する評価は? 
 上がった(21)・変わらず、以前から高い(10)
●昔から米飯が好きで朝も毎日米飯を食べていたけれど、最近はパンとコーヒーが手軽でついつい食べていますが、やっぱり米飯が大事だなと感じました。(20代女性病院栄養士)

子どもの健康について
●本当に必要なこと、考えなくてはいけないことなど確認できる機会となりました。これからも成長期の子どものためになるように努力していきたいと思いました。(40代主婦)
●こんなにひどいと思わなかった。(40代女性栄養士)
●今後数十年たったときの影響がおそろしいと思います。(30代男性会社員)
●「給食に牛乳が出るから早く慣れさせるように。」と昨日新宮町の娘の1才半検診でいわれました。自治体の栄養士さんの教育を徹底してほしいと願っています。(20代女性教員)
●ついかわいそうだと思って野菜ジュースならと思い与えておりましたが、先生のお話をお聞きしまして、考えを改めていきたく思います。(40代主婦)
●市販の食品に健康を疑うものが多い。(60代以上女性栄養士)
●私自身パン給食で育ってしまっていると「普通の食事」に出会えずに大人になった。(家庭でも給食みたい)
  子どものおかげで「普通の食事」を知ることが出来、家で作ることが出来るようになったのは幸い。
  私の周囲の同年齢の親は、これであたり前で元気だから大丈夫という人が多い。
  何年か前まで研の保健所で3歳児検診の肥満児に対する教室があったが立ち消えしたまま。それが食育基本法などのおかげで、今度は県が自分でせず、市町に「就学時の肥満予防」事業をさせようとしている。今市町保健事業は就学前の母子事業「母子健康法」後は成人に対するもの。学校は「学校保険法」ということで教育委員会の管轄で立ち入れない。やはり、子どもの健康は、就学前―就学―大人まで一貫したものでありたいと日々考えてはいるのですが・・・(30代女性公務員)
●子どもが簡単に買える場所に、不健康になる食品が多すぎるのが気になります。(30代主婦)
●子どもの食の原点は保護者にあると思います。今の保護者の意識改革が必要だと思います。(子どもに良いものを食べさせよう。自分たちの食事を子どもにおしつけないなど。)(20代主婦)
●周囲の子どもを持つ親の意識が低くて困っている。(20代女性)
●田舎の町村の子どもたちの健康状態もおそらく同じであろう事が気になります。そのあたりの話もお聞きしたかったです。(30代女性歯科医師)
●私の子ども(4才、2才)が一番好きなものが納豆ごはんで、本当に良かったなと思いました。(30代主婦)

学校給食の米飯回数について
  給食費を値上げしても良いので米飯回数を増やしてほしい(5回/週3・回数未記入2)
  給食費はそのままで米飯回数を増やしてほしい(3)
  
  小中学校のお子さんがいらっしゃらない方のご意見
●パン食がこんなに油まみれであると思わなかった。(40代女性栄養士)
●米飯回数が少ないと思う。社員食堂は米飯が普通だから。(30代男性会社員)
●完全米飯希望。毎日米飯がいい。(30代女性)(60代以上女性栄養士)(30代主婦)
●完全米飯、牛乳なしの給食を増やしてほしいです。(20代女性教員)
●小学中学の9年間の昼食をおまかせし、受身である事に不安に思っていました。私たちが給食を頂いてい時代に比べ、いっそう洋風化が進み心配です。(40代主婦)
●将来かかわる事と思います。米飯回数を増やすことに多いに賛成です。(30代男性歯科医師)
●就学までに、親がごはん中心の食事をと言っても、就学するとパンが主食という変な食スタイルを子どもに意識せずにすり込まれていると思うと、長女が入学する4月以降ゾッとする。(30代女性公務員)
●いやでもパンや麺を食べる機会はたくさんあります。しっかりと給食でごはんを食べてほしい。(20代女性)

学校給食に望まれる点、困っている点
●幕内先生の言われる完全米飯給食を望みます。(40代女性)
●現場の栄養職員の質向上をしていっていただきたい。(30代女性)(20代教員)
●我が子だけ給食をやめ弁当を持参したいと思っておりましたが、周囲の目、先生の目、我が子の周りと違う事をするという勇気が不安ですが、今一度考えてみたく思います。(40代主婦)
●市で(姫路ではありません)ごはん食が増えない決定打として言われたのが、ごはんを炊ける市内の業者(パン屋さん)がいないからという事でした。市内の業者を大切にする事も大切だけど、何十年も先のある子どもの健康より大事なのかしらと。
兵庫県っておかしいと思う。もっと「米」の事を大切に出来るところだと思うのに。(30代公務員)
●大勢で給食を食べると和食の苦手な物でも口にする事が出来ると思うので「米」中心の給食が良いです。
(30代主婦)
●他の国の文化を知るためといって多国籍料理というメニューでいろんな国の料理が出ていますが、あまりにも他の国の料理が出すぎています。和食を中心にお楽しみ献立として他の国のメニューを出してほしい。(20代婦)
●保育所に行かせています。給食は良いのですが、おやつが・・(20代主婦)
●4才の娘が小学校に入るまでに完全米飯になる事、期待したいと思います。又その為に何かお手伝いできる事があれば力になりたいと思います。(30代主婦)
[PR]
by kyusyoku | 2006-05-13 21:06 | アンケート結果
◆じょうぶな子どもをつくる基本食 幕内秀夫氏講演会<三田会場>

b0029980_1621194.jpg
☆日 時 5月13日(土)13:45~16:10
☆場 所 三田ウッディタウン市民センター大集会室
☆参加費 前売り 会員600円・非会員800円
       当日 1000円
☆託 児 要予約(1歳半~未就学児、500円)


振り込み料upの為、前売りチケットのお支払い方法を変更いたします
メール・電話でお申し込みの方は、前売り扱いとさせていただきます。
講演会当日「予約の方専用受付」にて前売り料金でチケットをご購入頂けますので
どしどしお申し込みください!!


b0029980_19591788.jpgb0029980_1958848.jpg

講演会のお問合せ・お申込みはここをクリック

チラシの一覧はここをクリック




★広報スタッフ、当日スタッフとしてお手伝いしてくださる方大募集!!★
お知り合いの方にご案内していただけるだけでもう広報スタッフですよ♪
よろしくお願いします!

[PR]
by kyusyoku | 2006-05-13 20:42 | 講演会